2019年8月8日木曜日

介護予防の必要性について

こんにちは、東辻洸一です。
久しぶりの投稿になります。


 前回は変形性膝関節症のお話をしましたが、今回は少し話を変えて「予防」の必要性についてお話しをしたいと思います。

前回の記事はこちら 膝関節の評価~変形性膝関節症を予防するために~
変形性膝関節症に関しては後日記載します。


 この度新しい事業として、介護予防運動トレーナーという資格の取得に向けたセミナーの講師をさせていただく機会を頂きました。
 介護予防と聞いて、まだまだピンと来ない人も多いと思いますが、少しお付き合いください。介護予防について少し話をしますと、介護保険法第4条をまとめると①自分で要介護状態にならないよう努力すること、②要介護状態になってもそれ以上悪化しないように自分で努力するということが規定されています。つまり自分自身で健康の維持・向上に努めていかないといけないという事ですね。


 予防の話に戻ります。予防の意味を辞書で引くと、「予防とは悪い状態が起こらないように前もって防ぐこと」とあります。では悪い状態とはどのような状態か、例えば布団から起きあがれず寝たきりになってしまう事や、歩く事ができず引きこもってしまうなどがあります。その状態になってから予防をしようとしても遅い事がわかると思います。起きれなくなる前や歩けなくなる前に少なからず、身体の不調があったはずです。例えば症状として膝痛や腰痛があったかもしれません。さらに上記の痛みがでる前に身体の異変があったはずです。その不調こそが問題点であり、その時点でアプローチを行う事が予防となり、長い目で見て介護予防に繋がっていくわけです。


 今まで勤務していた病院では整形疾患の患者さんは手術目的で入院されるため、悪くなれば手術すればいいというように予防という考えが少ないなと私自身感じていました。職場が変わると若い人でもアライメント不良で悩まれている方が多いことを知りました。この方達は姿勢が改善しないと将来的には何かしらの疾患を有して、その結果として、要介護状態となる危険性もあるわけです。特に股関節、膝関節のアライメント不良は改善させていかないと人工関節の置換術となる可能性は大きいわけです。


 例えば反り腰という見た目には良さそうな姿勢を例に挙げます。この時の姿勢としては腰椎の過度の伸展、骨盤が前傾し腰を反った姿勢となっています。この状態で背部、腹部を触ってみると背部側は硬く、腹部側は柔らかいのが確認できます。また大腿部と臀部も触ってみると臀部は柔らかく、大腿部は硬くなっています。筋肉がアンバランスな状態になると、各関節の可動域にも影響を及ぼします。その状態が長期間続く事によって関節可動域の減少を招きます。更には関節可動域が減少した状態で代償動作を行う事で疼痛の誘発原因にもなります。膝関節はアライメントの変化の影響を受けやすく、長期化すると変形性膝関節症などの整形疾患を有する事になります。その後上記で述べたような歩行困難や疼痛のために寝たきりとなり、結果として要介護状態となっていきます。
 また背部の筋が過緊張している状態でも長期化する事で筋力低下を起こし、円背姿勢となります。円背姿勢では転倒リスクが高くなるため骨折の危険性が増えます。骨折した高齢者の約30%は寝たきりとなる可能性があり、要介護状態を進めていく原因になります。


 介護状態を防いでいくためには、現段階から身体の状態を変えていく必要がある事が分かりましたね。日本の現在の平均寿命は84.3年ですが、健康寿命(何も助けを必要とせずに暮らしていける期間)は73.4年と約10年間は何かしらのサービスの支援が必要となります。一度介護状態となるとなかなか脱却する事が難しいのが現状で悪化していく一方です。いかにして健康寿命を伸ばしていくかとなると、若い時からの「予防」が必要になってきます。ちょっとした違和感でも数年後には重大な問題へと変わっている可能性が十分に考えられます。治療される際に目先の事だけでなく少しでも10年後の状態を想像してアプローチをしていただけたらと思います。

 以上で終わります。最後までお付き合いくださりありがとうございました。



~宣伝~
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 【体験パーソナルトレーニング】

解剖学や評価など勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
アークス フィジカル ラボラトリー
560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )年末年始など
祝日も営業
Twitter;@6balance
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////


2017年に整骨院がオープン!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
3年以上治らない 膝・腰痛専門整骨院
アークス整骨院
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699
月・火・水・金・土 )10001300 15002100
木     )10001400
日     )休診
祝日     )10001300 15002100
日曜で祝日の場合は休診日とさせていただいております。
Twitter;@arcx_yao
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////





1 件のコメント: