2018年5月6日日曜日

足関節内反捻挫にタオルギャザーでは安直すぎる

日曜の夜にこんばんは、坂田です。

前回はサッカー選手がよく受傷する
内反捻挫の評価の一例をご報告いたしました。

今回は足関節内反捻挫での靭帯損傷によって起こる
前方動揺性どう抑えるかについてご紹介いたします。
治療家やトレーナーの人に読んでいただければと思います。

最もメジャーなリハビリメニューであるだろう『タオルギャザー』ですが、

前方動揺性の抑制=タオルギャザー

という感じで深く考えずに選手や患者さんに指導していないでしょうか。

大切なことはどんなメニューをさせるかより、
どういう状態であれば距骨が前に滑らないかを
理解できていることです。

まず、前方に滑らないようにするためには
もちろん後方(つま先から踵方向へ)に引っ張る力が必要になります。

その条件に合うのがⒶ長母趾屈筋とⒷ長趾屈筋ですが、
後者は腱の走行が距骨下関節の内外返し運動軸の中心から内側に離れているため
内返し時に腱が緩んでしまうのでサブ的な役割くらいでしょうか。


尚且つ距腿関節の底背屈運動軸からのモーメントアームが短いことが大切です。
モーメントアームが長いと底屈時に距骨を前方に押し出す力が強くなってしまいます。
ただ今回の場合は後方に引っ張るほかの筋肉が見当たらないので問題ありません。
(赤は長母趾屈筋、黄色はアキレス腱までのモーメントアームの例です。)

つまり、前方動揺性を抑制するには長母趾屈筋の出力を改善させることが
重要になります。

結局のところタオルギャザーでいいのでは?となりますが、
床に敷かれたタオルをたぐり寄せるという行為は
【床に指を押し付ける】ができないとタオルの上を指が滑るだけになります。

指はIP関節とMP関節で動きますが、床に指を押し付けるには
短母趾屈筋や短趾屈筋が働きMPとPIPを底屈側へ固定することが
必要不可欠になるのです。

タオルギャザーができていると思っている選手は長趾屈筋メインで
行っていないと言えますか?そこまで評価できていますか?
もしくはできないことを弱いからだけで済ましていないでしょうか。

・長母趾屈筋が働かいない原因
・短母趾屈筋や短趾屈筋が働かい原因

これがきっちり評価でき、働かせることができたら
タオルギャザーする準備が整ったこととなり、
足関節前方動揺性を改善できるリハビリメニューであるといえます。

動揺性は長母趾屈筋の徒手抵抗だけでも結構改善できるので
一度お試しください。

長いことお付き合いありがとうございました。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
アークス フィジカル ラボラトリー
560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )なし
Twitter;@6balance
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年に整骨院がオープン!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
近鉄河内山本駅から徒歩3分の整骨院
アークス整骨院
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699
月・火・水・金・土 )10001300 15002100
木     )10001400
日     )休診 
祝日     )10001300 15002100
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@arcx_yao
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////








0 件のコメント:

コメントを投稿