2018年5月2日水曜日

5/20 機能解剖学セミナー 「広背筋の働きを探るⅡ~筋に与えられた役割を知る~」

辻本薫広です。

機能解剖学セミナーのお知らせです。

5月20㈰19時15分~21時45分 KOKOPLAZA504

料金:6000円(当日現金払い)

5年ほど前に初めてセミナーを行ったときと同じテーマ「広背筋」について2時間半ほどバージョンアップして語りたいと思います。

その日が出合いの方とは今も付き合いがある方も多く、一人は社員として来ていただいたり、なんやかんや思い入れのあるテーマでもあります。

【タイトル】
「広背筋の働きを探るⅡ~筋に与えられた役割を知る~」
講師:辻本薫広
【内容】
広背筋の特徴といえば、
※筋の幅が広いために、上の方の線維と下の方の線維では骨などを引っ張る方向と場所が異なるということ。
※停止部に向かって捻じれていること。
※肩の回転軸に対するモーメントアームと比較して、停止腱の幅が無視できない大きさであること。
※かなり多くの関節をまたぐ多関節筋であるということ。
※上腕骨を引っ張ることで間接的に肩甲骨を動かすということ。
※姿位によって体幹の回旋に対するモーメントアームが大きく変化するということ。
※線維によって体幹の側屈力が強いこと。
などがあげられます。

つまり、広背筋を考える際には肩関節にかかる力と、肩甲骨にかかる力と、体幹の回旋にかかる力と、側屈にかかる力の程度(比率)を同時に考えなければ、どの線維が使われるとどうなるのかが分からないということでもあり、どのような負荷の変化に対して使われる線維がうつっていくのかが分からないとリハビリやトレーニングや根本治療はやっているつもりでも出来ていない可能性が高い。
代償動作や運動連鎖、動作分析、拮抗作用、触診、トレーニング、リハビリ、治療、パフォーマンスアップやMMTに至るまでその全ての最も大切な基礎になる話だと思います。
機能解剖学への理解を深めることで確実にレベルアップできるその理由までもこのセミナーで実感していただき、広背筋を通して自身がどのようにレベルアップしていくべきなのか、その道しるべになるセミナーにしたいと思います。

【対象】
・アスレティックトレーナー、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、医療系の学生
・スポーツドクター、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方など
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html 広背筋セミナー参加希望と書いてご連絡ください

~宣伝~ 
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し 体験パーソナルトレーニング 

勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング 

いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体 



////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム 
アークス フィジカル ラボラトリー 
〒560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202 
Tel FAX0797-81-0033 
月~土・日)9:00~21:30(最終受付20:30) 
休館日   )年末年始など 
Twitter;@6balance 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


2017年に整骨院がオープン! 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
近鉄河内山本駅から徒歩3分の整骨院 
アークス整骨院 
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104 
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699 
月・火・水・金・土 )10:00~13:00 15:00~21:00 
木     )10:00~14:00 
日     )休診  
祝日     )10:00~13:00 15:00~21:00 
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。 
Twitter;@arcx_yao 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

0 件のコメント:

コメントを投稿