2018年6月3日日曜日

捻挫後の歩行時の痛み…足首の症例報告

こんばんは、坂田です。

今回の症例報告はまたまた足首についてです。

◆対象:社会人 女性(20代)
◆主訴:歩いていて踵を地面につくときに足首の前が痛い。
    しゃがむと同部位が痛い。

というものでした。
歩様は地面を蹴るというより、
足を前に振り出して重心を前に移し地面に踵を突き刺すような感じ。
つまり踵接地が強くドンドンと歩くイメージです。

この時もうひとつ、踵接地のときに健側に比べ足趾が背屈しているのが
気になったので情報として覚えておくようにしました。

過去に内反捻挫を数度受傷しており、
靭帯断裂まではいかないものの部分断裂をしていたようで
可動域は過度に内返しします。
その他はどの方向も健患比に大きな差はありませんでした。

圧痛は前距腓靭帯のあたりからつま先側に3㎝程ありました。
脛骨と腓骨の間の開きはありませんでした。

次にざっくりと全身の筋の状態を評価します。
いつも通り足裏や下腿の筋のテンションから確認すると
患側だけ底屈筋群が緩い感じがしました。
同様にアキレス腱も明らかなゆるさがありました。

ハムストリングスや大腿前面、
上半身などは下腿ほど健側との差はないので、
頭頚部や腰椎の歪みによる神経圧迫の影響は少なく(※ないわけでない)、
膝周囲の神経圧迫か下腿の筋の癒着などの問題と考えます。

底屈筋群と足底の筋がゆるく、
背屈筋群と腓骨筋群のテンションは正常に近かったので
坐骨神経が総腓骨神経と脛骨神経に分岐してから
膝窩あたりで圧迫されている可能性が濃厚になります。


腓腹筋のテンションも低かったのでかなり場所は限定できます。
膝窩周辺の癒着を探しはがしてやると底屈筋群は戻るのですが、
いまいち戻りきらないのでさらに探すと、
前脛骨筋のテンションも低くなっていました。

その代償で趾伸筋と長母趾伸筋が過緊張となり、
またその過緊張の相反神経抑制で
長母趾屈筋や長趾屈筋の働きが低下していたのです。
だから歩行で患側の足趾背屈が目立っていたということになります。

前脛骨筋の癒着をはがし、過緊張をとると底屈側もテンションがでてきました。
長母趾屈筋が足関節に与える影響については以前書いた通りですね。

この状態で歩行は問題ありませんでしたが、
しゃがんだ際に違和感があたので再度圧痛部位を確認すると
単に骨に癒着している感じだったのでそれをはがしすべて終了。

ただし、靭帯周囲の癒着を剥がす場合は
損傷してからの期間を考慮しないといけません。
できれば靭帯の治癒過程とその期間を理解していることが望ましいかと。

今回は膝窩部の癒着による神経圧迫が原因で底屈筋群が機能低下した為、
距骨が前方にずれたままの状態で背屈(しゃがむ)したり
踵接地(さらなる距骨の前方移動)していました。
それにより前距腓靭帯周囲の癒着か所に引っ張られるストレスがかかって
痛みが出ていた。という感じとなりました。


★大切なこと★
硬いとこより機能低下していることに目を向ける。
機能低下している理由を探す。
その理由の理由を追っていく。
理由の根拠が触診やMMTなどでしっかり評価されていること。


以上、ありがとうございました。




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
アークス フィジカル ラボラトリー
560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )なし
Twitter;@6balance
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年に整骨院がオープン!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
近鉄河内山本駅から徒歩3分の整骨院
アークス整骨院
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699
月・火・水・金・土 )10001300 15002100
木     )10001400
日     )休診 
祝日     )10001300 15002100
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@arcx_yao
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////







2018年5月20日日曜日

サッカーでの膝オペ後のリハビリなどに…膝の症例報告

こんばんは。
日曜夜投稿の多い坂田繁です。

今回は膝についての症例報告いたします。
サッカーでもよく膝をケガすると思いますが、
外傷ではなくオペ後のリハビリや慢性症状の一助として考え方をご活用いただければと思います。

サッカー選手ではなく一般の方ですが、
主訴は、【歩行で左膝が痛い。体重かけれない。曲げにくく、伸ばしにくい。】
というものでした。
病院で手術を勧められたため悩んているところを
知人からこちらを紹介されご来店されました。

ストレステストではACL・PCL・LCL・MCL どれも痛みなく、
パテラの裏の軟骨なども痛みありませんでした。
唯一内側の半月板のテストに痛みがありました。

ROMは、股関節中間位/屈曲位ともに膝屈曲はフルで伸展は制限が若干ありました。

全体的に左半身の筋のテンションが低いため頭頸部の神経圧迫はあるのですが、
上半身に比べ大腿前面のテンションに低さがあるように感じたため、
腰か鼠径部でより神経圧迫している。
また、患側の腸脛靭帯に異常なテンションがあったため、
膝の屈伸問題はこの影響が強いと考えました。

腸脛靭帯は前側の大腿筋膜張筋(黄)と後側の大殿筋の上部線維(青)が付着し、
両筋の具合によって前後のテンションが異なります。

簡単に言うと靭帯の後方のテンションが高いと大殿筋の、
前方が高いと大腿筋膜張筋の引っ張りが強い可能性が高いということです。

あくまで【可能性】とするのはその他の要因もあるためで、
考え方を限定しない方が鑑別し誤るリスクを減らせるからです。

また、腸脛靭帯のテンションが高いと大腿骨と脛骨間の圧迫力を高めます。
半月板を『ギュー』っと押し付ける状態であるという事です。

そこまで圧迫力は高くないと思いますが、
膝の動きをやりにくくするには十分であると考えます。

膝の伸展制限についても靭帯の付着部が緑印のところであれば、
屈伸における運動軸を考慮すると靭帯は後方を通っていることになり、
テンションの高さが伸展する抵抗となるのは容易に想像できるかと思います。

四頭筋の働きが神経圧迫ため弱いので
股関節屈曲を大腿筋膜張筋に頼っていたためかと思います。

以上のことから頭頚部の神経圧迫を緩和し、
鼠径部の大腿神経圧迫も緩和。
痛みがあってから月日が経っているので
完全に神経圧迫とることは1回でできません。
なので筋肉のテンションに変化が出たところで一旦次に手を進めます。

腸脛靭帯の癒着を取りますが、
靭帯前方のテンションが強いことがわかっていたので
歩行時連動して使われる可能性が高い長趾伸筋も評価したら
癒着しているようなので一緒に取りました。

また、歩行でうまく股関節が動かないため骨盤を回旋していたようで、
左の外腹斜筋が肋骨面に癒着しているのもわかったので取っておきました。

他にももう少しいろいろ行いましたが、
主要なことは上記の通りです。

帰りは患側にかけられなかった体重もかけることができ、
スタスタと歩くことができるようになっていただけました。

ただ、まだまだ見落としていることもあるはずなので
次回来られた時は状態がより良くなるように努めたいと思います。


・腸脛靭帯のテンションが前後で影響与えている筋があること
・腸脛靭帯のテンションで膝の圧迫力があがり、曲げにくさを出すパターンがあること

日ごろ現場などで困っている方がいらっしゃったら、
このような観点をもって選手や患者さん、
お客さんを診てみてください。

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
アークス フィジカル ラボラトリー
560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )なし
Twitter;@6balance
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年に整骨院がオープン!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
近鉄河内山本駅から徒歩3分の整骨院
アークス整骨院
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699
月・火・水・金・土 )10001300 15002100
木     )10001400
日     )休診 
祝日     )10001300 15002100
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@arcx_yao
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2018年5月16日水曜日

7/15(日)開催 大腿・骨盤帯の評価の仕方とその活かし方

セミナーのご案内です。

 【日時】
2018/7/15(日)第19:3012:00 第213:0015:30

 【場所】
大阪リゾート&スポーツ専門学校3号館 1F TRルーム
532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1-4-18

 【講師】
合同会社ArcX
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
川上 喬也   プロフィール; https://arcxpl.blogspot.jp/p/blog-page_7.html

【タイトル・内容】
『大腿・骨盤帯の評価の仕方とその活かし方』

大腿部・骨盤帯の評価がうまく進められない。
HOPSなど評価はしたが、結局何が原因で痛みが出ているのかわからない。
※評価をもとに治療やリハビリテーションを行ったが、改善があまり見られない。
※リハビリテーションで目的とする筋肉に効かすことができない。
こういった悩みを解決できるセミナーです。

 評価は「何が起こっているのか?」を把握するために行うものです。その【何が】の情報を具体的にできれば、評価は成り立ちます。例えば、骨盤では、前傾、後傾のアライメント異常がよく扱われますが、他に可動してしまうことはないのでしょうか?実はASISが内側を向いていたり、腸骨稜が外側に開いていたりすることがあります。これがわかると、筋も何が弱くなっているのか?硬くなっているのか?も推測できるようになりアプローチが可能です。

その評価をもとに治療やリハビリテーションを行うわけですが、ここでも筋に効かすことができない、痛みのため思うように動作ができないなど評価とは別の問題が出てきます。これらも具体的に情報収集を行うことで解決につなげることができます。

今回も2部構成で行いますので、皆様の今後の活動に大きく貢献できる内容であることをお約束致します。


【第1部】9:3012:00
解剖学のおさらいから、可動域や筋力、アライメントなどの情報を具体的にするにはどうするのか?そのアプローチの実技とそれらを治療、リハビリテーションに活かすためにどのように考えるのか?を行います。

【第2部】13:0015:30
1部の考え方を使い、実際にペアの方の問題点を改善していただきます。講師である川上も補助として回りますのでより精度の高い実技となります。


【対象】
・トレーナー、医療系の学生
・理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナーとして活動されている方

 【料金】
一般:12000円 (7000円)
学生:8000円 (5000円)
リゾスポOB:8000円 (5000円)
リゾスポ学生:5000円 (3000円)
※( )内は1部もしくは2部のどちらかのみの参加費用
※基本的には全日参加をお勧めしますが、どちらか片方の参加でも活かせる内容になっております
※実技を行いますので動きやすい服装でお越しください



【定員】
15名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html にて申し込みをお願い致します。
※お名前と所属、「1部のみ参加」「2部のみ参加」「全日参加」のどれかを明記の上、送信をお願い致します。





////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム 
アークス フィジカル ラボラトリー 
〒560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202 
Tel FAX0797-81-0033 
月~日)9:00~21:30(最終受付20:30) 
休館日   )年末年始など 
祝日も営業 
Twitter;@6balance 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


2017年に整骨院がオープン! 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
3年以上治らない 膝・腰痛専門整骨院 
アークス整骨院 
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104 
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699 
月・火・水・金・土 )10:00~13:00 15:00~21:00 
木     )10:00~14:00 
日     )休診  
祝日     )10:00~13:00 15:00~21:00 
※日曜で祝日の場合は休日とさせていただいております。 
Twitter;@arcx_yao 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////