2016年8月1日月曜日

機能改善セミナー 「膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ」

セミナーのご案内です!!

【日時】
8月7日(日)16時00分~19時00分

【場所】
 南谷クリニック南館2階メディカルフィットネスエムズ
 
【講師】
 合同会社ArcX
 辻本 薫広
 
【タイトル】
 
「膝周囲の慢性障害を改善するために必要な思考プロセスとアプローチ」


【内容】

講義では、
・慢性障害の力学的考察
・膝周囲慢性障害の機能解剖学的考察
・評価理論とポイント(視診、触診、動作分析、神経絞扼)
 
実技では
・評価及び徒手療法の実技
 

を行います。
慢性障害といえば「使いすぎ」と言われることが多いですが、特定の組織に対して過負荷がかかった結果だと考えます。
過負荷には頻度が高ぎることと衝撃が大きすぎることがあげられます。
・頻度が高すぎるのは本来負荷がかかる必要がない場面でも使われていること。
・衝撃が大き過ぎるのは、ショックを吸収する機構が使われていない、または機能していないこと。
・負荷を受ける組織に偏りがある(少ない組織で負荷を受けている)こと。

などがあげられます。
そしてそれらが起こる理由の多くは筋の機能不全による動的アライメントの変化によるものです。
 
今回は、膝の慢性障害について力学的考察と機能解剖学をもとに問題抽出と改善まで矛盾なく道筋を立ててアプローチする方法を学び、実践していただきます。
例えば膝蓋靭帯炎であれば、内側広筋か外側広筋が機能低下している、あるいはハムストリングスのどれかが機能低下を起こしている場合が多くあります。
働きすぎたことで疲労した組織ではなく、働かないことで負担を他の組織に受けさせた筋を探し、機能低下を起こした原因を解除します。
そうすることで膝蓋靭帯への負荷の偏りを無くし根本的解決を目指します。
 
今回は特に膝との関連が強い、足部と下腿も含めて、腱のテンションや関節の抵抗から筋の状態を評価し、機能低下を起こしている筋を特定していただきます。
その後、機能低下を起こしている理由とその改善方法も実践していただき、その場で筋の機能が回復することを体感していただきます。
 
 
 
 
 
【対象】
・理学療法士、アスレティックトレーナー、スポーツドクター、柔道整復師、鍼灸師、医療系の学生
・ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方など

【料金】
 8000円(当日受付にて現金でお支払いください)
【定員】
15名

参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.htmlにて申し込みををお願い致します。
 
※実技を含みますので動きやすい服装でお越しください。お着替えが必要な場合は更衣室をご利用いただけます。


~宣伝~
指導者向けパーソナルトレーニング

出張整体


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
ArcX Physical Laboratory
560-0003
兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~土・祝日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )日曜日
※日曜で祝日の場合は休館日とさせていただいております。
Twitter;@6balance
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

0 件のコメント:

コメントを投稿