2018年7月19日木曜日

7/27(金)開催 機能解剖学セミナー

【日時】

2018年7月27日 19時15分~21時15分頃

【場所】
KOKOPLAZA(JR新大阪駅東口より徒歩5分 )1Fミニイベントルーム

【講師】
合同会社ArcX
辻本 薫広

【タイトル・内容】
機能解剖学シリーズ
「機能解剖学の役立て方~手指・手関節周囲編~」
本来解剖学は基礎となる学問なので、学ぶほどに応用範囲が増え、トレーニングやリハビリ、治療効果などが出しやすくなるはずです。
ですが、筋の名前や付着部、作用を覚えるだけの解剖学では、思ったほどの効果を出すことが出来ないと感じることはありませんか?
痛みの原因が何なのか、技術指導(運動プログラムの改善)が必要なのか、筋の機能改善が必要なのかを評価するためには勿論ですが視診や動作分析、さらには触診能力にまで大きく影響するのが機能解剖学です。
そして、信頼できる基礎になるように機能解剖学を学ばなければならないはずです。
実際の動きの違いから使われる筋が変化することを体感し、なにが起こっているのかを知り、改善するために必要なポイント、どのように学習を進めていく必要があるか、さらには改善の方法まで可能な限りお伝えし、機能解剖学と治療、トレーニング、リハビリ、触診などがどのようにつながり、心の底から機能解剖学の重要性と可能性を理解していただけるような内容にしたい思います。
第一回目は「手」を使いながら普段のセミナーより少しゆっくりと丁寧にお伝えしたいと思います。
例えば
触診と機能解剖学の関係は大きく分けて二つ、
機能解剖学の知識があることで、部位の関連や状態の想像ができるようになることで見るべきポイントが決められ、理由がわかりやすくなること
もう一つは、自身の手をどのように使うべきかと触診能力に制限をかけてしまっている理由が手の機能低下にあるかどうか評価できること
ようするに
相手の体のなにがおかしいのか想像しやすくなることと
自身の手の使い方と手の機能低下に気づくことができるということ
実際に、治療家やトレーナーの方に関わらせていただくなかで、気づかないうちに手の機能が問題を起こしているせいで困っている方が
多く存在します。体感では7~8割の方が比較的大きな問題を抱えている印象。
それらの問題についても早い時期から気づき、自身で管理できるようになっていただきながら、
治療やリハビリ、トレーニングなどのレベルアップを図るために機能解剖学を学んでいただきたいと思います。

【対象】
・トレーナー、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ師、スポーツドクター、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナーとして活動されている方
・またはそれらを目指す学生
【料金】
一般:5000円 学生3000円
※途中参加、途中退室でも大丈夫です。
【定員】
20名
参加希望の方は http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/contact.html までメールをお願い致します。


~宣伝~ 
肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し 体験パーソナルトレーニング 

勉強したい方向け 指導者向けパーソナルトレーニング 

いところを治したいけど外出できない方へ 出張整体 


////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム 
アークス フィジカル ラボラトリー 
〒560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202 
Tel FAX0797-81-0033 
月~日)9:00~21:30(最終受付20:30) 
休館日   )年末年始など 
Twitter;@6balance 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


2017年に整骨院がオープン! 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
3年以上治らない 膝・腰痛専門整骨院 
アークス整骨院 
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104 
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699 
月・火・水・金・土 )10:00~13:00 15:00~21:00 
木     )10:00~14:00 
日     )休診  
祝日     )10:00~13:00 15:00~21:00 
※日曜で祝日の場合は休日とさせていただいております。 
Twitter;@arcx_yao 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


0 件のコメント:

コメントを投稿