2019年8月24日土曜日

「人を教育する」ということ

川上喬也です。

10年ほど前から教育について疑問に思っていたことが多々ありました。

当時、大学のアスレティックトレーナーとして学生トレーナーの教育も行っていました。その後、専門学校生の実習、非常勤講師としての授業、起業してからはセミナーや指導者向けパーソナルトレーニング( http://leo0000007959.sys.amsstudio.jp/029.html )、子育てをしながら、まとまってきた考えを述べたいと思います。

長いですが、最後までお付き合いください。

専門学校や就職など、個人が何かしらの意思をもってその業界、その仕事に関わっていくかと思います。

そのときに

・やるのかやらないのか?
・やるならどれくらいの努力するのか?
・意思や能力はどうなのか?

のような話や指導になるかと思いますが、その前に

「その仕事はどんな業務で誰にどんな価値をもたらすのか?」

を教えないといけないと思っています。(同時進行でも多少後発良いと思っていますが)

基礎学問とか、授業内容とか、いろいろやり方とかも大事で、絶対に必要です。それが教える側の本分です。しかし、指導者とか上司、先輩などは仕事の意義や楽しさを伝えてなさすぎだとも感じています。(同じ人間がすべてをする必要はないと思っています)
何も経験していない者に
・努力しろ
・モチベーションが
というのはさすがに指導側が自分目線すぎるのではと思います。ようは精神論や知識、技術、業務などのみを伝えている状況であれば、部下、後輩、学生の成長は推測できないものになってしまうのでは?と思うわけです。


こういったことを前提にすることは教育する上で絶対に必要だと思うのですが、やはり本人が力をつけるためには学ぶ側の自助努力が絶対的に必要となります。ここからは本人が自助努力を行いながら関わる指導者、上司、先輩などが指導、サポート、教育をすすめていきます。

こうなってはじめて「指導する側」と「指導される側」でコミュニケーションが成立して

・何ができないのか、わからないのか。
・何ができるのか、わかっているのか。
・どうしていきたいのか。

など成長を見据えた思考、行動に移れるように感じています。

よく、「頑張る必要はない。嫌なら逃げればいい。辞めればいい」という言葉を聞きますが、これは本質でしょう。自分の精神がおかしくなる、我慢による犠牲が多い、そんな状況で頑張る必要はないと思います。

しかし、「やらないといけない、向き合わないといけないことも頑張らずに逃げた結果は誰も責任を持ってくれない」これもまた本質なわけです。

これはどちらかが責任や行動を怠っていくと悪い方向に進んでいくのではないでしょうか。

ですから、私としては、「頑張らない、逃げること」が、今おかれている環境や自身の過去、現在、未来を考え、戦略的撤退なのかちゃんと判断できる能力と、その後、頑張れるための気合いと根性は絶対に必要だと感じているため、それを養えるように努めています。

それに加え、私の場合は学生トレーナーを指導する上でそれらを身につけさせながら、働いてから転職することも踏まえ、業界、組織の体制など関係なくどこに行ってもある程度できるようにする事を心掛けています。

指導としては、実際に業界、業務のゴールに近いものやゴールの一部を見せたりして体験させます。

そして学生にできないこと、知らないことを具体的に認識させる。そこから考えさせ、努力させ、検証させ、失敗させます。そして教え込まず、完成を求めず、はみ出させ、失敗しものを自身で問題クリアしたときのやりがいや成果がでることの楽しさを感じさせる。あまりにもできない場合は助ける。そんなことを授業、実習で構成しています。心理学や指導論ようなの学問的な部分や指導の経験上、内的な動機や継続することの重要性を認識できる要素ではないかと思います。

これらをベースで組みながら、ある程度妥当な考え、答えに辿り着けるような思考が垣間みえるまでは徹底的に「なんで?」「根拠は?」「前提条件は?」と詰めていくような作業や、(言葉上、誤解を生みかねませんが)強制させて指導をしています。

ただ、こういった詰めていく作業や強制も、教育を受けた側があとから「良い強制だったな」と実感できることが必須。これがなければこの教育にゴールはありません。

こういったことから、教育を成立させようと思うと、【指導する側が諦めないこと、わかりやすさやヒント、サポート、手をかけすぎないなどの努力】と【学生側の学問と実技、思考の自助努力】の双方が必要となるのではないでしょうか。

最後に、もしよろしければシェアやリツイートなどしていただけますと幸いです。




~宣伝~

肩こり・腰痛・膝痛・ダイエットなど、まずはお試し! 【体験パーソナルトレーニング】

http://sys.amsstudio.jp/tokyo/0210_0000007959/018.html



解剖学や評価など勉強したい方向け! 【指導者向けパーソナルトレーニング】

http://arcxpl.blogspot.com/2018/02/blog-post_21.html









//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
阪急・JR宝塚駅から徒歩5分のパーソナルトレーニングジム
アークス フィジカル ラボラトリー
560-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-12 ファミール宝塚202
Tel FAX0797-81-0033
月~日)9:0021:30(最終受付20:30
休館日   )年末年始など
祝日も営業
http://leo0000007959.sys.amsstudio.jp/
Twitter;@arcx1101
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////





2017年に整骨院がオープン!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
3年以上治らない 膝・腰痛専門整骨院
アークス整骨院
581-0013 大阪府八尾市山本町南1-7-12-104
Tel 072-976-4498 緊急用:090-6823-3699
月・火・水・金・土 )10001300 15002100
木     )10001400
日     )休診 
祝日     )10001300 15002100
日曜で祝日の場合は休診日とさせていただいております。
https://arcx-seikotsuin.com/
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

0 件のコメント:

コメントを投稿